光原社に再び

よ市の立つ日に再び光原社へ行ってきました。
宮沢賢治の「注文の多い料理店」はこの光原社の創立者及川四郎氏が盛岡高等
農林の先輩である宮沢賢治の人柄や才能に触れてその当時多額の出版費用を
捻出して世に出したと聞いています。

「注文の多い料理店」が世の中に認められたのは賢治が亡くなってから随分時間が
経ってからのようでした。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

秋の草むらは陣取り合戦

ネコジャラシにアカマンマ、ススキに小菊、ヨモギや葛やフキまで生えて、秋の草
むらは虫達も加わって大賑わいです。生命の営みは草むらの中でにぎやかに
行われています。赤つめ草も陣取り合戦に参加していました。

雀は実りの秋を堪能して「ちょっと一休み」だそうです。来たるべき冬に備えて
一杯種や実を食べられそうです。草むらは色々な命を支えています。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

赤い蕎麦の花

黄色に輝く稲穂に対抗している訳ではないのでしょうが、
赤い蕎麦の花の絨毯を見ました。普通の蕎麦の花よりピンクが濃く
春のレンゲのように楚々として美しい赤い蕎麦の花。

蕎麦はハーブでその実をひくとそば粉が実の殻は枕などに入れられて頭を冷やし
寝付きをよくすると昔から使われてきました。蕎麦に含むルチンは血管を拡張し
丈夫にする働きがあるので動脈硬化の予防になったり、痔の予防になったりする
有用食品です。蕎麦好きの人には新蕎麦の季節が待ち遠しい事でしょう。

赤い蕎麦の花を撮っていたら、滝沢にあったハーブ公園のオレガノを思い出しました。
オレガノも優秀なハーブで消化を助け、香りは神経を癒してくれました。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

盛岡光原社を訪ねて

盛岡の材木町にある宮沢賢治にゆかりのある光原社。
大道りに居た頃はよくコーヒーを飲みに来ていたお気に入りの
写真スポット。滝沢に移ってきても時々行きたくなるお店です。

静かな時間を美味しい珈琲と読書で過ごすのは最高の贅沢。
窓から見える青リンゴも今年はたわわになったようです。

光原社の調度品も面白く、フォトジェクトです。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

季節は確かに動いている

朝晩すっかり涼しくなって、虫の音もいよいよ冴え渡ってきました。
皆様には、夏の疲れが上手に解消されていらっしゃいますか?
とはいえ、昼間の空の高さ空の澄み切った青さ空気のひんやり感
汗ばむことはあっても夏のそれとは全く違う秋がやってきています。

田んぼではイネが金色に実り速いところではもう、稲刈りが始まりました。
萩やススキ女郎花やリンドウといった秋の草花も風情をかもしだします。
生きていて良かったと思う季節でもあります。愉しく季節を享受して
健やかにお過ごし下さい。

一戸の大きな古民家の脇の光と影が夏と秋の狹間を感じました。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。


願ったようになる人生

「自分の人生は願ったようになる」というのは能力開発のセミナーでは言い尽くされた
言葉でしょう。しかし、それには大切なポイントがあるようです。

まず、自分の良いところも悪いところも皆自分だとみとめて受け入れることです。
次に自分がどうなりたいのか明確な目標を持つことでしょうか。
あとは、自分を信じて自分が決めたことを愉しい努力として諦めず継続することです。
そのことが、自分の為にもなり第3者の為になることなら、希望はかなり速く実現
しそうです。

あなたは、自分の人生をどうしたいですか。リラックスしてから考えてみるのはいかが
でしょう。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

秋は静かに自分を見つめるとき

やっと秋らしい風が吹いてきました。秋を感じる事は嬉しいことでもあり
一抹の寂しさもあります。

それでも稲穂が黄色に変わり雲の様が絹雲や羊雲に変わる時、森では
木の実が落ちる音がしたり、秋の虫たちの音楽会があちこちの草むらで
聞こえるとき、月や星が冴え渡り私たちの心も静かに自分を見つめます。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

秋の森が教えてくれること

暑い夏がくり返しやってきてもやっぱり風の涼しさは正に秋。
更に森に入れば生命の営みは止まることなく次世代にと
バトンタッチを始めていて、万物は流転している事を教えてくれています。

ホウの落ち葉にはもう微生物や菌がついてホウの葉を分解して土に返し土の
栄養にする準備を始めています。フカフカの森の土はこうした微生物によって
また新たな生命を誕生させる土壌を創っているのでしょう。

「森は生きているんだ。」と実感する時でもあります。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

仙台の野草園萩祭りの前日を狙って

前から約束していた野草園に足を骨折して山行きを禁じられている86歳に
なる兄を連れ出しました。
前日の雨も上がり、野草園の萩祭りで混む前日。秋晴れの美しい日でした。
兄の娘から呉々も段差の多いところは歩かせないようにと言われていたのですが
心配もよそに野草園について初めに兄が行った場所は段差が急な高山植物地帯。

兄に「ゆっくりでいいからね」と声を掛けながら意外にしっかり地に足をつけて
楽しそうに歩いている兄を見ながら連れ出して本当によかったと思いました。

私より遙かに博識の兄に植物の名まえを教えてもらいながら歩くのは
まるで子供の頃、父親と散歩していた頃を思い出し温かい気持ちに
なりました。
兄は年も離れていて父が亡くなってからは私の父親がわりでした。
年を重ねて所作が亡き父に似て来た兄とゆっくり静かな野草園で
一緒に山に行った思い出を話す時、時が止まったような気持ちになりました。

日がまだ高かったので青葉城に行こうという事になって久しぶりに伊達政宗公の銅像に
再会しました。小学校の遠足以来かな・・・嬉しい一日でした。兄がこれからも健康であることを願います。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ