ゲンノショウコこの小さき花

草むらの中で空を仰いで咲いている小さな花。
ゲンノショウコは発がん物質の作用を抑える
タンニンを含み、便通を促し利尿作用もあります。
こんな小さな花にすごい薬理作用があることを
昔の人は経験的にわかっていたことがすごいです。

紫色の葯が完熟すると雌しべが成熟する変わった花です。
自家受粉を避ける植物の知恵のようです。

滝沢市では猛暑、八幡平では秋風が

とても暑い日でしたが、プロ養成講座を受けにいらっしゃる
生徒さんにとっては、10月の認定試験に向けて猛勉強中。
精油でクールダウンが必要ですね。ペパーミントやローズマリーが
神経を穏やかにして冴えた脳にしてくれるでしょう。レモンの精油でも
良いでしょう。快眠快便快食を心がけて下さいね。

ということで、レッスン修了後、写真を撮りに八幡平に向かいました。
八幡平は、高原の秋風が吹き渡り、秋の七草の尾花や萩が咲いていました。
同じ岩手県でも大部違う体感温度です。

雨上がりの運動公園では

降り続いた雨があがったので、運動公園に行ってみたら
道路に水たまりが出来ていて、雀やカルガモが水浴びや
水分補給をしていました。

「フーすごい雨だった。」

「みずたまりみっけ!」

「気持ちいいー」

「どれどれ・・・あらおいしいわね」「お池の水より美味しい!!」

「みなさん!みずくろいをしましょう。」「私は水分補給よ」

クリック応援をお願いします。(^_^)