秋は静かに自分を見つめるとき

やっと秋らしい風が吹いてきました。秋を感じる事は嬉しいことでもあり
一抹の寂しさもあります。

それでも稲穂が黄色に変わり雲の様が絹雲や羊雲に変わる時、森では
木の実が落ちる音がしたり、秋の虫たちの音楽会があちこちの草むらで
聞こえるとき、月や星が冴え渡り私たちの心も静かに自分を見つめます。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

秋の森が教えてくれること

暑い夏がくり返しやってきてもやっぱり風の涼しさは正に秋。
更に森に入れば生命の営みは止まることなく次世代にと
バトンタッチを始めていて、万物は流転している事を教えてくれている。

ホウの落ち葉にはもう微生物や菌がついてホウの葉を分解して土に返し土の
栄養にしている。フカフカの森の土はこうした微生物によってまた新たな生命を
誕生させる土壌を創っている。

森は生きているんだ。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

仙台の野草園萩祭りの前日を狙って

前から約束していた野草園に足を骨折して山行きを禁じられている86歳に
なる兄を連れ出しました。
前日の雨も上がり、野草園の萩祭りで混む前日。秋晴れの美しい日でした。
兄の娘から呉々も段差の多いところは歩かせないようにと言われていたのですが
心配もよそに野草園について初めに兄が行った場所は段差が急な高山植物地帯。

兄に「ゆっくりでいいからね」と声を掛けながら意外にしっかり地に足をつけて
楽しそうに歩いている兄を見ながら連れ出して本当によかったと思いました。

私より遙かに博識の兄に植物の名まえを教えてもらいながら歩くのは
まるで子供の頃、父親と散歩していた頃を思い出し温かい気持ちに
なりました。
兄は年も離れていて父が亡くなってからは私の父親がわりでした。
年を重ねて所作が亡き父に似て来た兄とゆっくり静かな野草園で
一緒に山に行った思い出を話す時、時が止まったような気持ちになりました。

日がまだ高かったので青葉城に行こうという事になって久しぶりに伊達政宗公の銅像に
再会しました。小学校の遠足以来かな・・・嬉しい一日でした。兄がこれからも健康であることを願います。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

森林公園の蝶々たち

今日はレッスンの生徒さんが夜にいらっしゃるので森林公園に行きました。
夏のような陽気に蝶々たちが萩や赤つめ草、アザミの花々に
蜜を求めて飛び交っていました。今頃の季節昆虫たちも忙しそうです。

写真は上からクロアゲハ、ヒョウモンチョウとシロスジヒゲナガハナバチ
ツマグロキチョウにセセリチョウだと多分思います。間違ったら教えて下さい。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

野山の植物

岩洞湖に写真を撮りに行きました。
秋に向けて植物達も実や種を作るのに大忙しです。
中でも私の好きなオニドコロが美しい種を作っていました。
冬になると種が風で飛んだ後は脱色されて白くなり、光りに浴びてきらきらと光ります。

今の季節、野山は色々な菊で賑わいます。その中でもひときわ美しいノコンギク
楚々とした風情が魅力です。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

夏の疲れが出て来た時に

めっきり涼しくなって夜はよく寝られるようになってきましたが
セラピーにいらっしゃる方のお話を聞くと、寝られるようになったけれど
もっと寝ていたいとか、日中眠くてしょうが無い、気力が出ない、等と
訴える方が多くなりました。

涼しくなると夏の疲れが逆に出て身体は睡眠を取らせようとします。
更に暑い夏に飲んだ冷たい飲み物や汗は身体を冷やしますので
冷えやむくみを感じる人も多いようです。

いくら寝ても疲れが取れず、頭がぼーっとして気力が湧かない時は
身体にたまった疲労物質や老廃物などの毒素や余分な水分を流して
外に出すリンパトリートメントが必要になります。
すっきり爽やかな秋をお迎え下さい。

鉈屋町で生まれた雀の子供を養う雀のお母さん。こんなに大きくなっても
餌の取り方を教えて、すぐにはあげません。「食べたかったら自分で取りなさい」
とでも言っているようです。かたや子スズメは「はやくちょーらい」・・・・・みたいな。
雀も猛暑を上手に過ごせたのですね。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

薬師塗り漆工芸館の秋

かわいの木の博物館案内所で森の役目の重要さと薬師塗りの
工芸品を堪能してきました。その中で秋を感じた作品を紹介します。

宮古市川井地域では昔から漆器づくりが盛んでしたが、段々高度成長の
中で衰退した物を近年薬師岳の麓で薬師塗りとして復活したのだそうです。

あわびの貝殻を埋め込んだ手の込んだ漆が月とススキを幻想的に表現
されていました。

アロマ館

ブログ人気ランキングに参加しております。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ