秋来ぬと目にはさやかに見えねども

一雨ごとに涼しくなってきました。大型の台風も心配の種では
ありますが、熱帯夜から解放され夜も熟睡が出来る季節になったことは
喜ばしいことです。自分に出来る温暖化対策を欠かさず危機管理を
しながら、それでも感性は五感をフル活用して一瞬一瞬を気持ち良く
過ごしたい物だと思っております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリック応援をお願いします。(^_^)

大雨にも風にも日照りにも負けず

アロマ館ソートフルの狭い空き地に今年からキュウリとトマト
茄子、シソ、茗荷、エゴマ、ポットマリーゴルドを植えました。
雨にも負けず、風にも日照りにも負けずに大きく育って
毎日の命の糧になっています。見守る農法の逞しい植物の命を
感じるとき、土を化学物質で汚さずに腐葉土や米ぬかなどや
カエルやスズメ達の力も借りてこんなに立派な作物が取れるのです。
人間もせめて環境を良くするために除草剤や、農薬を使わずに
安心安全の食品を作る工夫をしても良い時期なのではないかと
心底おもいます。

クリック応援をお願いします。(^_^)

木陰の大切さ

今日の様な暑い日でも木陰はとても涼しいです。
風がなくとも木陰は、灼熱の太陽光線を遮ってほっと一息を
入れさせてくれます。 温暖化で 異常な夏の暑さがこれからも
続く街中には是非、ムダで醜い街路樹の刈り込みは止めて頂き
車の通行に邪魔にならないように上の方はのびのび育てて欲しいと
思います。

きっと生命を守る大きな緑の傘になってくれることでしょう。
県や市の都市計画課に是非ともお願いします。

クリック応援をお願いします。(^_^)