八幡平黒谷地湿原

うだるような暑さの中でここ八幡平の黒や湿原には
爽やかな風が吹きわたっていました。
コバイケイソウの白い花はもう種を作り、ニッコウキスゲや
ハクサンボウフウにはハナアブが羽音をにぎやかに蜜集めに
大忙し。白いおひげのようなワタスゲは旅立つ準備です。
里に下りて赤とんぼになる修行中のトンボたちも飛び交って
湿原は短い夏を大急ぎで享受しているかのようでした。
人影もなく、静かな中にも秋への準備がなされていました。
クマ出没の立て看板を見ながらひとりで湿原の奥に入っていく
女性に肝をつぶし彼女が無事でありますようにと祈りました。
ま、こんな暑くては熊さんも涼しい木陰でお昼寝でもしている
かもしれませんが、今年はクマ出没の看板があちこちに出ていて
ひやひやです。君子危うきに近寄らず・・・
本来は、熊さんのテリトリーなので十分お気を付けください。

クリック応援をお願いします。(^_^)

夏の雲大集合in八幡平

八幡平から見た岩手山の上空にはいろいろな雲が出ていました。
夏の代表の積乱雲に混ざって、秋の筋雲も涼やかで飛び切りの
夏日和の青空を愉し気にモコモコしたり、スイスイしたり。
暑い暑い日の雲の競演の岩手路でした。

クリック応援をお願いします。(^_^)

巣立ちのために

すずめの巣立ちの特訓が運動公園でもにぎやかに行われています。
しかしまだ巣から出れないひなのために親鳥はせっせと餌運びに
余念がありません。
運動公園には巣箱がかかっていますが、この巣箱を小鳥が利用
したのを見たのは今回初めて。それも、巣箱の利用者は雀です。
えさを運んできては用心深く巣をみはり、出ていく時も用心に
用心を重ねて出ていきます。なんとけなげな事でしょうか。

クリック応援をお願いします。(^_^)


梅雨が明けて真夏日に

梅雨が明けたそうです。
いよいよ鍛えの夏に突入です。
快眠、快食、快便をメインに知恵を絞り出して
賢く猛暑に対応したいものです。
散歩の途中、ふと見上げると爽やかな葉ずれと
優しい夢見るピンクの花。
大好きなねむの花が眠たげに風にそよいでいました。
足元を見れば趣のある半夏生の花。
植物は、どんな時でも精一杯元気です。

クリック応援をお願いします。(^_^)